PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自ずから然り(2017.3)

庭いじり事始め

昨年の年初から始まった実家の整理、改修、引越し、後片付けなどなどが
ほぼ一年かけてどうやら終息し、
ようやく本気になって庭いじりにとりかかろうかという気持ちになってきた。
で、公園の計画・設計をやっていたころの言葉をふと思い出したのである。
「土方杭」(どかたぐい)という言葉を。

杭というものは、地面に打ち込むため、くさびのように先の方が細く尖っているものである。
しかし、用いられる場合によるが、
造園の分野ではこれを「土方杭」といって軽蔑するのである。

樹というものは、根本が太く、先にいくほど細くなっているものである。
日本の自然の中では、根本が細く、先にいくほど太くなっているような樹はないのである。
(ポトスやゴムノキなどの熱帯植物はこの限りではない)
庭園に用いられる杭も自然の樹になぞらえるべきなのである。

image002_20170301090117dee.png
誇張して画けば、このようになる。

樹だけではない。石についても然りだ。
平安時代に書かれたというわが国最古の庭園書である作庭記では次のように言う。

もと立たる石をふせ、もと臥る石をたつる也。
かくのごときしつれば、その石かならず霊石となりて、たたりをなすべし

自然の中にあった時、もともと臥せたような石は臥せ、
立ったような石は立たせなければならない。
自然を手本とし、自然にあるような形で造作していくのが庭づくりの肝なのである。

自ずから然りと。

法隆寺の鬼

昨年新聞で、県内の工業高校生が卒業後、宮大工に弟子入りするという記事を見た。
今時珍しい子だな、大学や専門学校に行かず弟子入り、それも宮大工とは。
と思ったのだが、その会社名を見てハッとした。

その会社は「鵤(いかるが)工舎」とあった。
これを見て、もしやと思ったのだ。
調べてみるとやっぱりそうだった。
「鵤工舎」の創設者は小川三夫。
小川三夫は斑鳩の法隆寺のかの伝説の宮大工
西岡常一が許したたった一人の内弟子だ。
これはだだもんじゃない。

「法隆寺には鬼がおる」
西岡常一を指して言う言葉である。
西岡常一は法隆寺の宮大工の棟梁で、
法隆寺の解体修理や薬師寺、法輪寺などの再建に携わった。

これらの仕事においては経験に裏打ちされた自説を曲げず、学者と度々対立し、
その激しさから先の言葉「法隆寺には鬼がおる」と言われたのだ。
彼は古代建築の著名な学者に対し、

結局は大工の造った後のものを系統的に並べて学問としてるだけのことで、
大工の弟子以下ということです

と言ったのだ。実に痛快。
法輪寺の再建では、補強のための鉄筋の使用について学者と鋭く対立した。
僕も彼の本を読むまでは、
鉄筋・鉄骨やコンクリートを用い、
構造計算により強度が担保された近代建築が当然のごとく最も堅牢だと思っていた。

しかし、法隆寺はどうだ。
幾たびの地震や風雪に耐え、1,300年もその形を留めているのだ。
木には二千年の命があるという彼の言葉を僕は信じる。
鉄筋・鉄骨やコンクリートの物理的な堅牢さにとらわれてはいけない。
それは単に材料としての表面的なものなのだ。
これらの建材で組みあがった建築物は100年ももたない。
建材に命がないからだ。

木には命がある。
命があるから何百年もかけてゆっくり変化していく。
だからそれぞれの木の生い立ちや生まれ持った性質に目を向けなければならない。
そして、その木のありようを活かして、
あるべきところにあるべきように収めてやらなくてはならない。

自ずから然りと。

西岡常一が明らかにした宮大工棟梁としての西岡家の秘伝の中に次のようなものがある。

「堂塔の建立には木を買はず山を買へ」
「木は生育の方位のままに使へ」

木は、生育している場所の地勢や気候により、同じ種でも性質が異なる。
従って、建材として木を求める時は、一本一本の木を見るのではなく、
その木が生育している山を見て、山ごと木を買えと言っているのである。
そして、それぞれの木は、
その地勢や気候により生育の方向と度合いは一律ではなく、
その癖を見極めて木材を使えと言っているのである。

そして彼の中で底流として流れているのは、次のようなこころだ。

自然を「征服する」と言いますが、それは西洋の考え方です。
日本ではそうやない。
日本は自然の中にわれわれが生かされている。

image004_2017030109011916c.jpg
小学館文庫で出版されている。
目から鱗。少なくとも建築を志す人は必読の書。
僕は大いに考えを改めさせられるところがあった。

日本の自然に見出したもの

NHKのテレビ番組「猫のしっぽ カエルの手」は、
京都大原の古民家に住むイギリス人女性ベニシアさんのLOHASな番組で、
僕も楽しみに見ている。
前回お話ししたイザベラ・バードもイギリス人女性である。
なぜイギリス人女性が日本の自然や文化にはまるのか。

LOHASなイギリスといえば、何といっても自然を模したイングリッシュガーデンである。
しかし、イギリスの緯度は北海道よりも高く、
その植生は日本とは比較にならないくらい多様性に欠ける。
イングリッシュガーデンはイギリス人のかくありたいという、
理想の自然を反映したものではないかと思うのである。
北ヨーロッパの人たちが南仏プロバンスに憧れるように。
自分たちの周りにはない本質的なものを
日本の自然の中に見出したのではないかと思うのである。

先にご紹介した作庭記ではこうも述べている。

人のたてたる石は、生得の山水にはまさるべからず

自然は最高の造形であり、人知など及びもつかないのだ。
人間よ、驕ることなかれ。
僕たちはもとより、すべてのものがその中にあるべきようにある。

自ずから然り、と。

| 未分類 | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://touwakankyoukagaku.blog33.fc2.com/tb.php/89-de8c89dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT